中古車の売却で税金の還付を受けられるの?

中古車を売る時には、税金の還付を受けられることがありますので、しっかり把握することが必要です。

還付金を買取価格に含めてしまうような業者もいますので、注意が必要なのです。

まず、還付を受けられる税金は、自動車税です。

毎年4月に車を保有している人は、5月までに年間の自動車税を納付しています。

翌年の3月までの税金を一括で支払っているので、3月以前に中古車を売却した場合には、期間に応じた自動車税の還付が受けられるのです。
しかし、オークションなどを利用した場合や、知人や友人に譲渡した場合には、自動車税の還付はありませんので、理解をしておいてください。

また、自動車税の還付は、軽自動車は、年間での自動車税を支払うことになっていますので、還付を受けることはできません。

そして、自動車重量税です。

これは自動車の重量に応じて支払うものですが、車検が1ヶ月以上残っている車を廃車にするときに、残り期間に応じて還付されます。

最後にリサイクル料金の返金です。

これは、自動車の新規登録をする際に、廃車時の料金を前払いしています。

ですから、自動車を売却する際には、買取時にリサイクル料金を返金してくれます。

その際には、リサイクル料金を納付しているリサイクル券が必要になりますので、紛失をしないようにしてください。

そして売却時にかかる費用ですが、基本的にはお金はかかりません。しいて言うならば、ローンの残債がある車の一括返済分や車の査定に際して、労力を要する時間分ということになります。